家電・生活用品

魔法のフライパンとバーミキュラの比較!基本からわかりやすく解説

魔法のフライパンとバーミキュラの比較!基本からわかりやすく解説

魔法のフライパンバーミキュラ比較した時の違いは知っていますか?

今回は魔法のフライパンバーミキュラフライパン基本知識から3つの項目の比較を解説します。

魔法のフライパンとバーミキュラを比較して特徴や違いを教えて欲しい!

こんな方に向けた内容になっています。

本記事の内容魔法のレストランの特徴について
バーミキュラフライパンの特長について
魔法のフライパンとバーミキュラの3つの項目の比較

魔法のフライパンとバーミキュラの違いを特長を比較してわかりやすく説明しますので、ぜひ最後までご覧ください。

魔法のフライパンとバーミキュラの比較!基本知識

魔法のフライパンとバーミキュラの比較!基本知識

魔法のフライパンとバーミキュラの比較の前に基本知識として

  • 魔法のフライパンの特徴
  • バーミキュラフライパンの特徴

について詳しく解説をします。

まずは、魔法のフライパンの特徴から解説します。

魔法のフライパンの特徴について

魔法のフライパンは、錦見鋳造株式会社が製造販売する鉄製フライパンです。
従来の鉄製フライパンよりも薄く軽量で、使い勝手が良く、焦げ付きにくいのが特徴です。

魔法のフライパンの特徴

魔法のフライパンの特徴

  • 薄くて軽い

厚さ1.5mmの鉄鋳物製で26cmサイズで約980gと、女性でも扱いやすい重さです。

  • 熱効率・蓄熱性に優れている

魔法のフライパンは、熱効率が良く200℃に達するまでの時間がわずか44秒です。 蓄熱性に優れており、食材にムラなく火を通すことができます。 この熱効率と蓄熱性により料理の美味しさを引き出しています。

  • 鉄のフライパン同様に油のなじませが必要

魔法のフライパンは、一般的な鉄のフライパンと同様に油をなじませることで焦げ付きを防ぐことができます。 一般的なコーティングのフライパンよりも扱いの難易度は高いです。

商品ラインナップや仕様など

サイズ:24cm、26cm、28cmの3サイズ展開 IH対応:IHを含む全ての熱源に対応 価格:約1〜1.5万円

続いてバーミキュラフライパンの特徴について解説します。

バーミキュラフライパンの特徴について

バーミキュラフライパンは、株式会社Vermicularが製造販売する鋳物ホーローのフライパンです。
熱伝導・蓄熱性に優れており、ムラなく均一に火が通るのが特徴です。

バーミキュラフライパンの特徴

バーミキュラフライパンの特徴

  • 薄くて軽い

厚さ1.5mmの鉄鋳ホーロー 製で26cmサイズで約1100gと、女性でも扱いやすい重さです。

  • 熱伝導・蓄熱性に優れ遠赤外線効果が高い

鋳物ホーロー製なので、熱伝導・蓄熱性に優れており「素材本来の旨みを凝縮するフライパン」をコンセプトに作られており、200℃まで達する予熱時間は約72秒です。 また、ホーローが強い赤外線を発生させることにより食材を内側から加熱すくことができます。

  • 焦げ付きにくい

バーミキュラフライパンは、油なじみがよく焦げ付きにくくなっています。また耐久性にも優れています。

  • スタイリッシュなデザイン

バーミキュラフライパンを始め、バーミキュラー製品はスタイリッシュなデザインが好まれており、ファンも多いブランドです。

商品ラインナップや仕様など

サイズ:20cm、24cm、26cm、28cmの4サイズ展開 IH対応:IHを含む全ての熱源に対応 価格:約1〜2万円
魔法のフライパンとバーミキュラフライパンのそれぞれの特徴を見ると違いがあるね!

次に魔法のフライパンとバーミキュラフライパンを比較して紹介します。

魔法のフライパンとバーミキュラの比較! 3つの項目で違いを解説

魔法のフライパンとバーミキュラの比較! 3つの項目で違いを解説

魔法のフライパンとバーミキュラの比較は以下の項目で行います。

魔法のフライパンとバーミキュラの比較項目

  1. 製品スペック
  2. お手入れのしやすさ
  3. 商品ラインナップ・価格

それでは魔法のフライパンとバーミキュラの違いについて比較解説します。

魔法のフライパンとバーミキュラの比較

  • 1.製品スペック

魔法のフライパンとバーミキュラフライパンは、「鉄のフライパン」という点では同じですが、魔法のフライパンは「鉄鋳物」であり、バーミキュラフライパンは「鋳物ホーロー」と異なります。 この違いによって両者とも熱伝導・蓄熱性に優れていますが、魔法のフライパンは200℃に達するまでの時間に優れ、バーミキュラフライパンは、遠赤外線効果が高いという特徴があります。 また、重さについては魔法のフライパンがバーミキュラフライパンよりも約100g軽くなっています。

製品スペックの比較ポイント

熱伝導・蓄熱性のスペックは両者とも優れているので、重量で比較をしておく方が良いです。
  • 2.お手入れのしやすさ

魔法のフライパンとバーミキュラフライパンは、「鉄のフライパン」ですが、バーミキュラフライパンの方が焦げ付きにくい特徴がありお手入れがしやすい仕様です。 魔法のフライパンは、従来の鉄のフライパンと同様に「油ならし」が必要になります。

ココに注意

鉄のフライパンは、前提として一般的なコーティングフライパンと比べてお手入れのしやすさは劣ることが多いです。
  • 3.商品ラインナップ・価格

魔法のフライパンとバーミキュラフライパンは、24cm、26cm、28cmは共通でラインナップがありますが、バーミキュラフライパンのみ20cmがあります。 価格帯については、バーミキュラフライパンが魔法のフライパンよりも約1.5倍程度の高くなっています

ココがポイント

バーミキュラフライパンは、魔法のフライパンよりも高額ですがスタイリッシュなデザインも魅力の1つです。

以上、魔法のフライパンとバーミキュラを3つの項目で比較しました。

それぞれのフライパンに良さはありますが、魔法のフライパンとバーミキュラを比較検討している方に役立つ情報となれば嬉しいです。kurasusでは、バーミキュラフライパンの記事もありますので参考にしてください。

バーミキュラフライパンの寿命は?基本情報から紹介
参考バーミキュラフライパンの寿命は?基本情報から紹介

続きを見る

バーミキュラフライパンのデメリットとは?対策とメリットまで紹介
参考バーミキュラフライパンのデメリットとは?対策とメリットまで紹介

続きを見る

魔法のフライパンとバーミキュラの比較!基本からわかりやすく解説まとめ

「魔法のフライパンとバーミキュラの比較!基本からわかりやすく解説」のまとめは、以下の3点です。

まとめ魔法のフライパンとバーミキュラは、共に熱伝導・蓄熱性が優れているので、重量で比較をしておく方が良いです。
バーミキュラフライパンの方が焦げ付きにくい特徴がありお手入れがしやすい仕様です。
バーミキュラフライパンは、魔法のフライパンよりも高額だな、スタイリッシュなデザインで人気。

今回は、魔法のフライパンとバーミキュラの違いを特長を比較して紹介しました。

-家電・生活用品
-,