家電・生活用品

炊飯器の蒸気対策は必要?3つの方法とオススメのニトリ商品を解説

炊飯器の蒸気対策は必要?3つの方法とオススメのニトリ商品を解説
炊飯器蒸気対策は必要なの? 炊飯器の蒸気対策ってどうすればいいの?

炊飯器の使用時に蒸気が発生しますが、蒸気が家具や壁などに悪影響を与えないか心配ですよね。
今回は、炊飯器の蒸気対策の必要性から対策方法、オススメのニトリ商品も紹介します。

本記事でわかること

  • 炊飯器の蒸気対策が必要性
  • 炊飯器の蒸気対策の3つの方法
  • オススメのニトリ商品

炊飯器の蒸気対策の基本知識から対策まで分かりやすく説明しますので、ぜひ最後までご覧ください。

炊飯器の蒸気対策は必要?

炊飯器の蒸気対策は必要?

炊飯器の蒸気対策の必要性について気になる方も多いと思います。

まず、結論から申し上げると炊飯器の蒸気対策は必要です。

炊飯器の蒸気対策が必要な理由は大きく3つあります。

炊飯器の蒸気対策が必要な3つの理由

  • 1:家具などの劣化の原因となる

家具の材質によっては、水蒸気が当たり続けることで劣化の原因になる可能性があります。

  • 2:カビの発生の原因となる

木製の家具や壁紙の隙間などに水蒸気が当たることで、湿度が高い状態になることがカビ発生の原因となります。

  • 3:電化製品にも悪影響

キッチン周りの電化製品は一般的に耐性が良いですが、水蒸気が当たることで結露発生の原因となります。 電化製品の内部に結露が発生することで内部部品の腐食などの原因にもなります。

上記の3つの理由からも炊飯器の蒸気対策は、可能な限り行っている方が良いです。現時点で対策ができていない場合は、次に紹介する蒸気対策3選を実施してみましょう。

炊飯器の蒸気対策3選!

炊飯器の蒸気対策3選!

炊飯器の蒸気対策3選については、具体的な実行内容までを紹介します。

炊飯器の蒸気対策3選

  1. 蒸気に触れさせない
  2. 蒸気を発生させない
  3. 蒸気に強い素材を選ぶ

この3つの炊飯器の蒸気対策について詳しく説明します。

対策1:蒸気に触れさせない

炊飯器の蒸気対策の1つ目は、「蒸気に触れさせない」です。

炊飯器から蒸気が発生することを前提とした時に、炊飯器から発生する水蒸気から可能な限り距離を取ることで、家具や電化製品、内装への対策を行います。

炊飯器を置く際の必要なスペース

一般的に炊飯器の上部から約50cmぐらいはある方が良いです。 炊飯器の一般的な高さが約25cmなので炊飯器を置く場所は、炊飯器約3台分の高さが必要になります。
炊飯器の3台分のスペースは準備できない!!

そんな方は

  • 炊飯器を使用時に上にスペースが確保できる場所に移動する。
  • 炊飯器用にラックを用意して一番上に炊飯器を置いて使用する。

のような方法をオススメします。

対策2:蒸気を発生させない

炊飯器の蒸気対策の2つ目は、「蒸気を発生させない」です。
炊飯器の中でも水蒸気の発生をカットする機能が搭載されているモデルがあります。

蒸気発生をカットするモデルって?

炊飯器メーカーの各社でちょっとずつ呼び方は異なりますが

  • 蒸気レス
  • スチームレス
  • 蒸気カット

を謳っている炊飯器は、蒸気発生をカットしている製品になります。

例えば、日立を例にするの以下の画像のような差があり、わかりやすいです。

対策2:蒸気を発生させない

引用元:https://kadenfan.hitachi.co.jp/kitchen/lineup/rzv100cm/feature02.html

炊飯器の買い替えを検討している場合は、蒸気発生をカットする炊飯器に買い替えをすれば良いですが、炊飯器自体を買い換える必要があるので実行の難易度は高いでしょう。

対策3:蒸気に強い素材を選ぶ

炊飯器の蒸気対策の3つ目は、「蒸気に強い素材を選ぶ」です。
炊飯器を置く家具を選ぶ際は、蒸気に強い素材を選ぶと良いです。

確かに蒸気に強い素材の家具がいいけど家具の買い替えは無理・・・

そんな方も蒸気を吸収する素材モイス」が後付けできるのでオススメです。

 

モイスって何?

モイスは、湿気を吸収と放出を行う素材です。炊飯器の蒸気対策を行える素材です。

モイスを炊飯器を使用する場所の天井面に貼り付けることで蒸気対策ができます。

モイスはオーダーでサイズを指定でき、テープで貼り付けるだけです。DIYの経験がない方でも簡単に取り付けることができるので安心ですよ。

対策3:蒸気に強い素材を選ぶ

引用元:https://item.rakuten.co.jp/frp/kmont6090a/

以上が、炊飯器の蒸気対策3選になります。

「対策1:蒸気に触れさせない」、「対策3:蒸気に強い素材を選ぶ」については、炊飯器の買い替えや家具の買い替えを行わなくでもできる対策となります。

炊飯器の蒸気対策でオススメのニトリ商品

炊飯器の蒸気対策でオススメのニトリ商品

炊飯器の蒸気対策でオススメのニトリ商品は、ずばり「モイス加工商品」となります。

モイスってニトリでもあるんだ!

ニトリのキッチンボード類には、「モイス加工済み商品」と「モイス加工オプションができる商品」がありますが、それぞれの違いは以下のようになります。

ニトリのモイス商品の違い

  • モイス加工済み商品

「MOISS(モイス)」を標準装備しているニトリの製品です。

  • モイス加工オプションができる商品

モイス加工をオプションとして選択できる商品。 2024年5月時点では「オーダー家具チェルシーシリーズ専用」でオプションとして追加することができる。

ニトリでのキッチンボードを購入検討しており、炊飯器の蒸気対策を検討している場合は、「モイス加工商品」を検討することをオススメします。

炊飯器の蒸気対策は必要?3つの方法とオススメのニトリ商品を解説まとめ

「炊飯器の蒸気対策は必要?3つの方法とオススメのニトリ商品を解説」のまとめは、以下の3点になります。

本記事のまとめ

  • 炊飯器の蒸気対策は、家具の劣化や電化製品への悪影響、カビの発生などの理由で必要となる。
  • 炊飯器の蒸気対策3選として、1.蒸気に触れさせない、2.蒸気を発生させない、3.蒸気に強い素材を選ぶの方法がある。
  • モイスという素材を後付けすることで蒸気対策が可能であり、ニトリ商品でもモイス加工品を選ぶことがオススメ。

今回は、炊飯器の蒸気対策の基本知識から対策までついて紹介しました。

  • この記事を書いた人

クラサス

月間最高PV15,000以上の「暮らす」に役立つ情報サイトを運営。インテリア、生活用品・家電、住宅などのコンテンツを配信しています。

人気記事

【時短】ダイソン空気清浄機を購入前に知っておくべき情報を紹介 1

ダイソン空気清浄機の購入検討する時に、製品のスペック以外でどんな情報を集めておけば良いのか気になる方も多いのではないでしょうか。 当ブログ(kurasus)では、ダイソン空気清浄機を始めとする扇風機や ...

【2024年版】ダイソン掃除機の壁掛けで穴を開けない方法3選 2

ダイソン掃除機を壁掛けする際にネックなことは、「壁に穴があくこと」という方も多いです。 そこで、今回は「ダイソン掃除機の壁掛けで穴を開けない方法3選」を解説します! この記事でわかること ダイソン掃除 ...

カーテンの丈詰めは持ち込み限定でニトリで依頼できる!要件、料金情報、対応店舗までを紹介 3

カーテンの丈詰めは持ち込み限定でニトリで依頼できます!要件やチェック事項、料金情報、対応店舗について知ることでスムーズに依頼ができるような情報を紹介します。 こんな悩みを解消します。 この記事でわかる ...

メルカリ値下げ交渉の例文!初心者が知っておくべきことからわかりやすく紹介 4

メルカリの値下げ交渉の例文を使ってうまく交渉できないかな?メルカリの値下げ交渉の初心者は、例文を使うと取引がスムーズに行うことができます。 今回はメルカリで50回以上の取引実績のある筆者が初心者にもわ ...

カーテンの洗濯はフックを外さないでも大丈夫?方法は?ネットやドラム式についても紹介 5

カーテンの洗濯はフックを外さないままでも大丈夫?方法はどうすればよい?カーテンの洗濯はフックを外さない場合にネットは必要?ドラム式は対応可能? こんな悩みを解消します。 この記事でわかることカーテンの ...

-家電・生活用品
-