家電・生活用品

フライパンのIHとガスの両用の見分け方!基礎知識から解説

フライパンのIHとガスの両用の見分け方!基礎知識から解説

フライパンIHガス両用見分け方を知っていますか?

コンロがガスからIHに変わる時などに見分け方を知っておくと便利です。

フライパンのIHとガスの両用の見分け方をわかりやすく教えて欲しい!

こんな悩みを解消します。

本記事の内容フライパンのIHとガスの両用の見分け方の基礎知識
所有フライパンのIHとガスの両用の見分け方
非所有フライパンのIHとガスの両用の見分け方

フライパンのIHとガスの両用の見分け方を基礎知識から分かりやすく説明しますので、ぜひ最後までご覧ください。

フライパンのIHとガスの両用の見分け方!基礎知識

フライパンのIHとガスの両用の見分け方!基礎知識

フライパンのIHとガスの両用の見分け方を説明する前に、まずは基礎知識を解説します。

基礎知識を知っておくことで次に紹介するフライパンのIHとガスの両用の見分け方の理解が深まりますよ。

まず、IHコンロとガスコンロの加熱方式の違いは知っていますか?

そういえば、IHコンロとガスコンロの違いってあんまり知らない。電気とガスの違い?

IHコンロとガスコンロの加熱方式の違いがフライパンを対応/非対応を決める重要な要因になりますので、わかりやすく説明します。

IHコンロとガスコンロの加熱方式の違い

  • IHコンロ:電磁誘導を利用した加熱方式です。
  • ガスコンロ:ガスバーナーの火で加熱する方式です。

この加熱方式の違いがあることでIH対応のフライパンは、フライパンの底面に磁石がくっつく素材で作られています

フライパンのIHとガスの両用は、フライパンの裏面が

  • 磁石でくっつく素材
  • 火で加熱しても大丈夫な素材

の両方の特性をもった素材である必要があります。

なるほど、IH対応のフライパンは磁石に引っ付く素材なんだね! でもどうやって見分けたらいいの?

次にフライパンのIHとガスの両用の見分け方を解説します。

フライパンのihとガスの両用の見分け方!

フライパンのihとガスの両用の見分け方!

フライパンのIHとガスの両用の見分け方は、フライパンが所有品かどうかで別れます。

ちなみにIHに対応しているフライパン基本的にはガスコンロでも対応していますので、IH対応のフライパンかがわかることが、フライパンのIHとガスの両用の見分け方です!

フライパンのIHとガスの両用の見分け方!所有品の場合

フライパンのIHとガスの両用の見分け方の1つめは、所有品のフライパンの場合です。

【所有品】フライパンのIHとガスの両用の見分け方

  • 1:磁石にくっつくか確認する

基礎知識で説明した通り、IH対応のフライパンは磁石にくっつく性質があります。
もともとガスコンロで使用していたフライパンの場合は、磁石にくっつくか確認すればとIHとガスの両用かわかります。

  • 2: 説明書やネットで確認する。

磁石がない場合にフライパンがIH対応か調べるには、取り扱い説明書やネットで確認するとよいでしょう。

  • 3 :実際にフライパンをIHで使ってみる

IH対応のフライパンでない場合は、IHで加熱をしてもエラーや加熱ができないという状態になります。
ですので、もしもIHで加熱を試しても使用できない場合は、IHに対応していないフライパンです。

フライパンのihとガスの両用の見分け方!非所有品の場合

フライパンのihとガスの両用の見分け方の2つめは、非所有品のフライパンの場合です。
非所有品とは主に新しく購入する場合を想定しています。

【非所有品】フライパンのIHとガスの両用の見分け方

  • 1:フライパンのシールを確認

フライパンには、IHに対応しているかどうかのシールなどが貼られていることが多いです。
まずはフライパンのシールを確認しましょう。

  • 2:店員さんに聞く

フライパンにシールが貼られていないし、説明も特にない場合は店員さんに聞きましょう。


以上が、フライパンのIHとガスの両用の見分け方になります。

基礎知識から知ることで見分け方もスムーズに理解できたのではないでしょうか?

是非今回紹介したフライパンのIHとガスの両用の見分け方を実践してみてください。

フライパンのIHとガスの両用の見分け方!基礎知識から解説まとめ

「フライパンのIHとガスの両用の見分け方!基礎知識から解説」のまとめは、以下の3点です。

まとめIHコンロとガスコンロの加熱方式の違いがフライパンの対応非対応に関係している。
フライパンの底面に磁石がくっつく素材がIH対応のフライパンで、IH対応はガスにも対応している。
フライパンをIHで使ってみることでもIHとガスの両用かがわかる。

今回は、フライパンのIHとガスの両用の見分け方を基礎知識から紹介しました。

-家電・生活用品
-