家電・生活用品

乾燥機付き洗濯機のデメリットとは?ユーザーが購入を後悔しないために解説

乾燥機付き洗濯機のデメリットとは?ユーザーが購入を後悔しないために解説

乾燥機付き洗濯機デメリットは知っていますか?
乾燥機付き洗濯機のデメリットは、購入する前に知っていることで乾燥機付き洗濯機購入後の後悔を防ぐために必要な情報です。

今回は、ドラム式洗濯機ユーザー実体験も取り入れた乾燥機付き洗濯機のデメリットをわかりやすく解説します。

乾燥機付き洗濯機のデメリットや購入して後悔しないためのポイントを教えて欲しい!

こんな悩みを解消します。

本記事の内容乾燥機付き洗濯機のデメリットについて
乾燥機付き洗濯機を購入して後悔しないためのポイント

記事の信頼性

ドラム式洗濯機を5年以上使用しているユーザーの実体験も取り入れた内容になっています。

乾燥機付き洗濯機のデメリットから購入して後悔しないためのポイントまでわかりやすく説明しますので、ぜひ最後までご覧ください。

乾燥機付き洗濯機のデメリットとは?

乾燥機付き洗濯機のデメリットとは?

乾燥機付き洗濯機のデメリットは、これから乾燥機付き洗濯機を購入検討している方は気になる情報ですよね。

乾燥機付き洗濯機のデメリットは、大きく次の3つが挙げられます。

乾燥機付き洗濯機のデメリット

  • 1:乾燥の電気代がかかる
  • 2:衣服にシワがついたり生地が縮む可能性がある
  • 3:頻繁に掃除が必要

それでは乾燥機付き洗濯機の3つのデメリットのそれぞれについて解説をします。

乾燥機付き洗濯機のデメリット1:乾燥の電気代がかかる

乾燥機付き洗濯機のデメリット1:乾燥の電気代がかかる

乾燥機付き洗濯機のデメリットの1つ目は、「乾燥の電気代がかかる」です。
乾燥機付き洗濯機は、乾燥を行う時に洗濯機が稼働しているので電気代がかかるのは当然ですが、乾燥の電気代は想定よりもかかることが多いです。

乾燥の電気代がかかる理由

  • 洗濯物によってなかなか乾燥しない場合があり、乾燥時間が増える。
  • 洗濯機の乾燥時間の見直しなどで想定の乾燥時間よりも時間がかかる。

乾燥機付き洗濯機の標準の時間で全て乾燥が終わることは稀であり、追加の乾燥時間がかかる場合がほとんどです。

もしも乾燥機付き洗濯機の乾燥時間の電気代と他のコストの比較を行っている場合は、乾燥機付き洗濯機の乾燥時間を多めに見積もっておく方が良いでしょう。

乾燥機付き洗濯機のデメリット2:衣服にシワがついたり生地が縮む可能性がある

2. 衣服にシワがついたり生地が縮む可能性がある

乾燥機付き洗濯機のデメリットの2つ目は、「衣服にシワがついたり生地が縮む可能性がある」です。乾燥機付き洗濯機は、乾燥機能が非常に便利ですが、乾燥終了後に衣服にシワがしっかりついている場合があります

コットン素材の衣服はシワがついてしまうことが多く、洗濯後にアイロンをかける必要が生まれます。また、ニットなど本来は乾燥をしてはいけない生地を誤って乾燥機にかけてしまった場合に生地が縮んでしまうことがあります。
日常で乾燥をしてはいけない洗濯物を分けておく必要があるのは手間にもなります。

乾燥機付き洗濯機のデメリット3:頻繁に掃除が必要

3. 頻繁に掃除が必要

乾燥機付き洗濯機のデメリットの3つ目は、「頻繁に掃除が必要」です。
乾燥機付き洗濯機は、乾燥後に衣類の糸くずなどゴムパッキンなどの間に挟まったりするなどゴミが発生しやすいです。

頻繁に掃除が必要であっても掃除がし易ければ良いのですが、ゴムパッキンの間などに細かな繊維のゴミなどが溜まった場合に掃除がしにくいことが多いです。

ココに注意

掃除をちゃんとできていない場合には、洗濯機が正常に動作しなかったり、乾燥後に服に繊維のゴミがついていることもあります。

これまで洗濯機の掃除は、週に1回するかしないか程度だった場合には、乾燥機付き洗濯機の場合は確実に掃除の回数が増えるのでご注意ください。

最近のドラム式洗濯機は、掃除の手間を減らす便利な機能がついているものもあるので掃除がネックの場合はチェックしておくと良いでしょう。

乾燥機付き洗濯機は「乾燥も自動でしてくれて楽!」っていうイメージだったけどデメリットもあるんだね。

乾燥機付き洗濯機を選ぶ際に、どうしても電気代などのわかりやすい部分に目が行きがちですが、今回紹介した3つのデメリットは覚えておきましょう。

乾燥機付き洗濯機のデメリットとは?後悔しないためのポイント

乾燥機付き洗濯機のデメリットの次は、乾燥機付き洗濯機を購入して後悔しないためのポイントを紹介します。

乾燥機付き洗濯機を購入して後悔しないためのポイントは、以下になります。

乾燥機付き洗濯機を購入して後悔しないためのポイント

  • 乾燥機付き洗濯機に求めるメリット
  • 乾燥機付き洗濯機で妥協できるデメリット

の2つを購入前に決めておく。

それでは、乾燥機付き洗濯機を購入して後悔しないためのポイントそれぞれについて解説をします。

乾燥機付き洗濯機を購入して後悔しないためのポイント

  • 乾燥機付き洗濯機に求めるメリットを決める

乾燥機付き洗濯機には、最大のメリットは「乾燥まで全自動でできること」ですが、洗濯物を干す時間や取り込む時間などを削減することにもつながります。また、乾燥機付き洗濯機のメリットは、その他に水道代や電気代の節約やスタイリッシュなデザインなどもあります。

ココに注意

乾燥機付き洗濯機で「水道代や電気代の節約」については、想定よりも乾燥の電気代が掛かる場合もあるため、節約の効果は購入後に実現できない場合もあります。コストの削減は、あくまでもシミュレーションとなることに注意しましょう。

乾燥機付き洗濯機の数あるメリットの中でも自分が求めるメリットをまずは明確にしておきましょう。(筆者は、乾燥まで全自動でできることによる時間の削減を自分の求めるメリットとして考えていました。)

  • 乾燥機付き洗濯機で妥協できるデメリットを決める

乾燥機付きの洗濯機に求めるメリットは決めていることが多くても妥協できるデメリットは見逃しがちです。
乾燥機付き洗濯機でも妥協できるデメリットを必ず決めておきましょう

ココがポイント

デメリットの中には、洗濯する洗濯機によってはデメリットを減らすための便利な機能がついている場合もあります。

乾燥機付き洗濯機で妥協できるデメリットは正直あんまり考えてなかった!

筆者もドラム式洗濯機を購入するときは、とりあえずドラム式洗濯機のメリットばかり見ていましたが、デメリットを事前に知っていれば良かったと思うことはあります。
もしも事前に乾燥機付き洗濯機のデメリットを知っていれば購入をやめたかと言われればそうではなく、もっと機能を比較して購入する洗濯機を選べたと感じています。

ココがポイント

乾燥機付き洗濯機のデメリットを知ることは、購入する洗濯機に必要な機能を考えるときに役立つ!

今回紹介した乾燥機付き洗濯機のデメリットと後悔しないためのポイントを洗濯機選びにぜひ役立たせてください。

乾燥機付き洗濯機のデメリットとは?ユーザーが購入を後悔しないために解説まとめ

「乾燥機付き洗濯機のデメリットとは?ユーザーが購入を後悔しないために解説」のまとめは、以下の3点です。

まとめ乾燥機付き洗濯機のデメリットは、1. 乾燥の電気代がかかる、2. 衣服にシワがついたり生地が縮む可能性がある、3. 頻繁に掃除が必要の3つ。
乾燥機付き洗濯機を購入して後悔しないためには、求めるメリットと妥協できるデメリットを決めておくことがポイント。
乾燥機付き洗濯機のデメリットを知ることは、購入する洗濯機に必要な機能を考えるときに役立つ。

今回は、乾燥機付き洗濯機のデメリットから購入して後悔しないためのポイントまでを紹介しました。

  • この記事を書いた人

クラサス

月間最高PV15,000以上の「暮らす」に役立つ情報サイトを運営。インテリア、生活用品・家電、住宅などのコンテンツを配信しています。

人気記事

【時短】ダイソン空気清浄機を購入前に知っておくべき情報を紹介 1

ダイソン空気清浄機の購入検討する時に、製品のスペック以外でどんな情報を集めておけば良いのか気になる方も多いのではないでしょうか。 当ブログ(kurasus)では、ダイソン空気清浄機を始めとする扇風機や ...

【2024年版】ダイソン掃除機の壁掛けで穴を開けない方法3選 2

ダイソン掃除機を壁掛けする際にネックなことは、「壁に穴があくこと」という方も多いです。 そこで、今回は「ダイソン掃除機の壁掛けで穴を開けない方法3選」を解説します! この記事でわかること ダイソン掃除 ...

カーテンの丈詰めは持ち込み限定でニトリで依頼できる!要件、料金情報、対応店舗までを紹介 3

カーテンの丈詰めは持ち込み限定でニトリで依頼できます!要件やチェック事項、料金情報、対応店舗について知ることでスムーズに依頼ができるような情報を紹介します。 こんな悩みを解消します。 この記事でわかる ...

メルカリ値下げ交渉の例文!初心者が知っておくべきことからわかりやすく紹介 4

メルカリの値下げ交渉の例文を使ってうまく交渉できないかな?メルカリの値下げ交渉の初心者は、例文を使うと取引がスムーズに行うことができます。 今回はメルカリで50回以上の取引実績のある筆者が初心者にもわ ...

カーテンの洗濯はフックを外さないでも大丈夫?方法は?ネットやドラム式についても紹介 5

カーテンの洗濯はフックを外さないままでも大丈夫?方法はどうすればよい?カーテンの洗濯はフックを外さない場合にネットは必要?ドラム式は対応可能? こんな悩みを解消します。 この記事でわかることカーテンの ...

-家電・生活用品
-