家電・生活用品

電子レンジの500Wと600Wはどっちがいい?基本から解説

電子レンジの500Wと600Wはどっちがいい?基本から解説

電子レンジ500Wと600Wどっちがいい

電子レンジのワット数の違いは知っているようで知らない方も多いのではないでしょうか。

今回は、電子レンジの500Wと600Wの違いについて基礎知識から使い分けまで解説します。

この記事を読むと自分にとって電子レンジの500Wと600Wはどっちがいいかを判断できるようになります。

電子レンジの500Wと600Wはどっちがいいか判断できるように基礎知識から教えて欲しい!

こんな悩みを解消します。

本記事の内容電子レンジの500Wと600Wの違いについて
電子レンジの500Wと600Wの使い分けについて

電子レンジの500Wと600Wの違いについて基礎知識から使い分けまでわかりやすく説明しますので、ぜひ最後までご覧ください。

電子レンジの500Wと600Wはどっちがいい?基礎知識

電子レンジの500Wと600Wはどっちがいい?基礎知識

電子レンジの500Wと600Wはどっちがいい?

電子レンジのワット数を使い分けるには、基本知識として500Wと600Wの違いを理解しましょう。

電子レンジのW(ワット)とは?

電子レンジのワット数とは、食品を加熱する力を表しています。

電子レンジの500Wと600Wの違いは「加熱する力」です。

電子レンジのワット数が大きくなるほど、加熱する力が強くなるので500Wよりも600Wの方が加熱する力は強いです。よって電子レンジは、600Wの方が500Wの電子レンジよりも、同じ時間加熱しても、食品をより高温にすることができます。

600Wと500Wの加熱に要する時間の違い

600Wで2分加熱する食品を、500Wで加熱する場合は、2分×1.2=2.4分加熱をする必要があります。

なるほど!でも600Wの方が加熱する力が強い分電気代が高いのでは?

電子レンジの500Wと600Wの「電気代」は実は、大きな違いはありません。
その理由としては600Wの方が加熱時間が短くて済むからです。

そうなると「電子レンジの500Wと600Wはどっちがいい?」という質問には早く温められて電気代も変わらない600Wと言いたいところですが、それぞれに良さがあります。

続いては、電子レンジの500Wと600Wの使い分けについて紹介します。

電子レンジの500Wと600Wはどっちがいい?使い分けについて

電子レンジの500Wと600Wはどっちがいい?使い分けについて

電子レンジの500Wと600Wはどっちがいいかについては、目的によって変わりますので使い分け方法について説明します。

電子レンジの500Wと600Wの使い分け

  • 500Wを使う場合

500Wは、600Wに比べて加熱がゆっくりであるため、食材をやさしく加熱したいときに向いています
例えば、チーズやバターの溶かし加減、デリケートな食材の温め直し、ゆっくりと火を通したい料理に適しています。

また、食品の解凍を目的とする場合も500wを選択することをお勧めします。
電子レンジを使用した解凍時に食材に熱が通り過ぎてしまうリスクが下がります。

  • 600Wを使う場合

600Wは、500Wに比べて加熱が速く、普段の調理や温め直しに便利です。

忙しい時や急いでいる時に、より迅速に食材を加熱したい場合に適しています。この様に時短を目的とする場合は、600wを選択するとより早く温めができるのでオススメです。
ちなみに冷凍食品などの場合は、500Wと600Wの時間記載がしてあり、どちらでも構わないので600wを選択することで出来上がりが早くなります。

ただし、加熱が速いため、食材が焦げやすい場合があるので、注意が必要です。

電子レンジで500Wと600Wのどっちかしかない場合はどっちがいい?

もしも、電子レンジで500Wと600Wのどちらかだけの出力の製品を購入検討している場合は、「時短」を重視するかどうかを軸に考えてみると良いでしょう。

ちなみに筆者は、500Wと600Wどちらも使用できる電子レンジを使用していますが、ほとんど600Wしか使用しないです。

尚、電子レンジでは、500Wと600W以外にも200Wや700Wの出力機能がある電子レンジもあります。ワット数の違いによって電子レンジを使用した調理の幅を広げることができますので、新しく電子レンジを購入する際はワット数にも着目してみてください。

電子レンジの500Wと600Wはどっちがいい?基本から解説まとめ

「電子レンジの500Wと600Wはどっちがいい?基本から解説」のまとめは、以下の3点です。

まとめ電子レンジの500Wと600Wは、「加熱する力」で違いがあり、600Wの方が加熱する力が強い。
電子レンジの500Wは、加熱がゆっくりであるため、食材をやさしく加熱したいときに向いている。
電子レンジの600Wは、加熱が速く、普段の調理や温め直しに便利で時短目的に向いている。

今回は、電子レンジの500Wと600Wの違いについて基礎知識から使い分けまで紹介しました。

-家電・生活用品
-