家電・生活用品

新築の壁掛けテレビで後悔しない為に知っておくべきことを紹介

新築の壁掛けテレビで後悔しない為に知っておくべきことを紹介

新築壁掛けテレビ後悔するの?
新築で壁掛けテレビの情報収集を行っていると「後悔するのでは・・」と不安になる人も多いと思います。

新築の壁掛けテレビをして後悔しないために知っておくべきことを実体験も踏まえて教えて欲しい!

こんな方に向けた内容になっています。

本記事の内容新築の壁掛けテレビで後悔する可能性がある4つのポイント
新築の壁掛けテレビで後悔する可能性がある4つのポイントの対策
新築の壁掛けテレビの筆者の経験談も踏まえたアドバイス

記事の信頼性

新築で壁掛けテレビの取り付けをした実体験も取り入れた内容になっています。

新築で壁掛けテレビを検討されている方のために後悔のポイントと対策をわかりやすく説明しますので、ぜひ最後までご覧ください。

新築の壁掛けテレビで後悔する可能性があるポイントと対策

新築の壁掛けテレビで後悔する可能性があるポイントと対策

新築で壁掛けテレビもしたい!でも後悔をしたくない!

皆さんこの様に思われていませんか?

実際に新築で壁掛けテレビを経験している筆者も念入りに情報収集を行い「後悔をしたくない!」の一心で同じ気持ちでした。

壁掛けテレビは賛否両論の情報があって正直何を信用していいかわからない!

この記事はそんな方の為に「新築の壁掛けテレビで後悔しないために知っておくべきこと」をわかりやすく説明します。

新築の壁掛けテレビで後悔の可能性があるポイント

新築の壁掛けテレビで後悔の可能性があるポイント

新築の壁掛けテレビで後悔の可能性があるポイントは、大きく4つあります。

新築の壁掛けテレビで後悔の可能性がある4つのポイント

  1. 価格/ 業者選び
  2. テレビ / 取り付けアタッチメント
  3. 取り付け位置
  4. 配線関係

それでは、新築の壁掛けテレビで後悔の可能性がある4つのポイント、それぞれについて詳しく説明します。

新築の壁掛けテレビで後悔の可能性ポイント1:価格/ 業者選び

新築の壁掛けテレビで後悔の可能性ポイント1:価格/ 業者選び

新築の壁掛けテレビで後悔の可能性ポイントの1つ目は、「価格/ 業者選び」です。

まず新築(注文住宅、建売、新築マンション)でも、壁掛けレビの為に自分で業者選定が必要な場合があります。この時に価格と業者選びに失敗し、後悔の可能性があります。

まず、壁掛けテレビの業者選定は「取り付け以外の工事の有無」で変わります。壁掛けテレビの工事は以下の大きく3つになります。

壁掛けテレビの取り付け以外の工事って?

  • コンセントやアンテナ端子などを移設する工事

コンセント位置やアンテナ端子は指定しない限り、最初から壁掛けテレビに適した位置にありません
コンセントやアンテナ端子を移設する工事は、電気工事になるので専門業者に依頼の必要があります。

  • 配線を隠すための工事

配線を隠すためには、壁に穴を開けて壁裏に配線を通すための工事が必要です。

  • 壁の補強工事

壁掛けテレビの重量によって壁の補強工事が必要な場合があります。壁の対荷重がわからない場合は、住宅の購入先に確認すればわかりますよ。

以上の3つの壁掛けテレビの取り付け以外の工事は必ずしも行う必要があるというわけではありませんので、まずはどの工事が必要か確認しましょう。

ココがポイント

壁掛けテレビの取り付け以外の工事を検討するには

  1. 壁の補強
  2. コンセントやアンテナ端子
  3. 配線を隠すための工事

の順番に必要性を検討すると良いです。

壁掛けテレビの取り付け以外の工事は、業者に依頼をする必要がありますので、業者選びの場合には必ず複数の業者に見積もり依頼(相見積もり)を行いましょう

複数業者に見積もりを依頼することで、価格が適正であるかどうかや業者の対応の違いがわかります。
基本的に見積もりは、現場の確認後となることが多いので話す中で不明点を随時質問しましょう。

kurasus
kurasus

【筆者体験談】

壁掛けテレビの背面にエコカラットの施工を検討している場合は、エコカラットと壁掛けテレビを対応できる業者を探すと良いです。

筆者もエコカラットと壁掛けテレビの設置を同じ業者に一気に行ってもらいました。

壁掛けテレビのやり方を解説!業者に依頼方法やポイントを紹介
参考壁掛けテレビのやり方を解説!業者に依頼方法やポイントを紹介

続きを見る

新築の壁掛けテレビで後悔の可能性ポイント2:テレビ / 取り付けアタッチメント

新築の壁掛けテレビで後悔の可能性ポイント2:テレビ / 取り付けアタッチメント

新築の壁掛けテレビで後悔の可能性ポイントの2つ目は、「テレビ / 取り付けアタッチメント」です。

壁掛けテレビの本体と取り付けアタッチメントは、取り付け工事後には簡易に交換できるものではありませんので、テレビと取り付け取り付けを安易に選ぶと後悔の可能性があります。

まず壁掛けテレビを選ぶ際のポイントは以下になります。

壁掛けテレビを選ぶ際のポイント

テレビを選ぶ際は、価格も重要ですが

  • 画面の大きさ
  • 映像の綺麗さ
  • テレビ本体の薄さ

を吟味して選ぶことが必要となります。

テレビに求める画質などは、それぞれの感覚によって異なりますが、可能な限り納得のいくテレビを選ぶ方が良いです。

次に、壁掛けテレビのアタッチメント選びの際には、以下のポイントを検討しましょう。

壁掛けテレビのアタッチメント選びの際のポイント

  • アームが伸びるタイプ

壁掛けテレビにケーブルなどを頻繁に抜き差ししたり、こまめに裏側の掃除がしたい方がアームが伸びるタイプのアタッチメントがオススメ。

  • 可動タイプ

壁掛けテレビを角度を変えてみる場合は、可動タイプのアタッチメントがオススメです。
テレビにもよりますが、斜めから映像をみたさいに極端に見にくくなる場合があります。

  • 純正品か汎用品

壁掛けテレビの取り付けアタッチメントは、テレビのメーカーの機種別の純正品と複数のメーカーのテレビでも使用できる汎用品の2パターンがあります。
汎用品の場合に価格が安価になるなどのメリットもあります。

壁掛けテレビの取り付けアタッチメントをネットで購入するときはどうしたらいい?

壁掛けテレビの取り付けアタッチメントをネットで購入する際は、適合するテレビの型式やレビューをしっかりと確認することをオススメします。

新築の壁掛けテレビで後悔の可能性ポイント3:取り付け位置

新築の壁掛けテレビで後悔の可能性ポイント3:取り付け位置

新築の壁掛けテレビで後悔の可能性ポイントの3つ目は、「取り付け位置」です。
壁掛けテレビの取り付け位置は、取り付けた後に修正することが困難となりますので、注意が必要です。

壁掛けテレビの取り付け位置は、基本的に横と縦の位置によって決まるので、実際は簡単に決めることができますが、事前の確認を怠って壁掛けテレビが取り付けられた後に「なんかイメージと違う」という後悔を生む可能性があります。

壁掛けテレビの取り付け位置で後悔をしないためのポイントは筆者の経験も含めて以下となります。

壁掛けテレビの取り付け位置で行うべきこと

壁掛けテレビの取り付け位置はマスキングテープなどでシミュレーションを行い、実施の取り付けイメージを確認する。

実施にマスキングテープを取り付けたと後にテレビを見る位置で見た時に「思っていたよりも高い」なんてことはあります。
壁掛けテレビの取り付けのベストな位置は、人や部屋によって異なるので必ずシミュレーションは行っておきましょう

壁掛けテレビの取り付け位置の詳細な内容は、以下の記事を参考にしてください。

参考壁掛けテレビのコンセント位置はどこが正解?失敗しないためのポイントを解説

続きを見る

新築の壁掛けテレビで後悔の可能性ポイント4:配線関係

新築の壁掛けテレビで後悔の可能性ポイント4:配線関係

新築の壁掛けテレビで後悔の可能性ポイントの4つ目は、「配線関係」です。

壁掛けテレビは、壁にテレビが設置されているので部屋の空間を広く見せたりスッキリした印象を与えることができます。
しかしながら、テレビの配線などが隙間から見える場合に悪目立ちすることがほとんどであり、配線関係を綺麗に隠すなどのことを行わなかった場合に後悔の可能性があります。

壁掛けテレビの配線を隠すためには、コンセント位置や壁の裏に配線を通すなどの工事関係も関係するので、配線をどのようにするかは早めに検討しておくことをオススメします。

ココがポイント

壁掛けテレビの配線関係は、テレビボードを使用するかしないかも分岐点となります。
録画機やゲームなどをテレビに繋げておくことを想定している場合は、テレビボードを配置することで収納と配線の目隠しをすることができます。

壁掛けテレビの配線関連の実例は、以下の記事を参考にしてください。

壁掛けテレビの配線を壁裏に通すメリットは?通し方や具体例も紹介
参考壁掛けテレビの配線を壁裏に通すメリットは?通し方や具体例も紹介

続きを見る

以上の4つポイントがの新築の壁掛けテレビで後悔の可能性ポイントと対策となります。

新築の壁掛けテレビで後悔しないためのポイントって多いんだね!

新築の壁掛けテレビを検討している方は、今回紹介したポイントを1つずつ確認していくと後悔の可能性が下がり、満足へと繋がりますよ。今回の記事が役に立てば嬉しいです。

新築の壁掛けテレビで後悔しない為に知っておくべきことを紹介まとめ

「新築の壁掛けテレビで後悔しない為に知っておくべきことを紹介」のまとめは、以下の3点です。

まとめ新築の壁掛けテレビで後悔の可能性がある4つのポイント、1:価格/ 業者選び、2:テレビ / 取り付けアタッチメント、3:取り付け位置、4:配線関係。
壁掛けテレビの背面にエコカラットの施工を検討している場合は、エコカラットと壁掛けテレビを対応できる業者を探す方が良い。
新築の壁掛けテレビは、今回紹介したポイントを1つずつ確認していくと後悔の可能性が下がり、満足へと繋がる。

今回は、新築の壁掛けテレビで後悔しないためのポイントと対策について紹介しました。

-家電・生活用品
-