暮らし

引っ越しで段ボールに入らないものも心配なし!対処法や注意点をわかりやすく説明

引っ越しで段ボールに入らないものも心配なし!対処法や注意点をわかりやすく説明

引っ越し段ボールに入らないものがあった時はどうしたらいいの?
引っ越しで段ボールに入らないものがあるとどうしたらいいかわからず困りますよね。

引っ越しで段ボールに入らないものの対処法をわかりやすく教えて!

こんな悩みを解決します。

この記事でわかること引っ越しで段ボールに入らないものがあった時の対処法や梱包方法
引っ越しで段ボールに入らないものが多い時の注意点

記事の信頼性

引っ越しを5回以上経験しているユーザーの実体験も取り入れた内容になっています。

引っ越しで段ボールに入らないものの対処法や梱包方法を知りたい方のために分かりやすく説明しますので、ぜひ最後までご覧ください。

引っ越しで段ボールに入らないもの別の対処法

引っ越しで段ボールに入らないもの別の対処法

引っ越しで段ボールに入らないものがあると困りますよね。
引っ越しの日までの日が迫っている時は「どうしよう・・・」と焦りもあると思います。

そんな方でもご安心ください。
これから引っ越しで段ボールに入らないもの別に梱包方法などの対処法を紹介します。

引っ越しで段ボールに入らないものは大きく以下の4つに分類できます。

  1. 電子レンジや空気清浄機などの電化製品
  2. 傘などの細長い形状のもの
  3. 鉢植えや観葉植物
  4. 照明器具などの壊れやすいもの

それでは、この「引っ越しで段ボールに入らないもの」5つそれぞれに対処を説明します。

引っ越しで段ボールに入らないものその1「電子レンジや空気清浄機などの電化製品」

引っ越しで段ボールに入らないものその1「電子レンジや空気清浄機などの電化製品」

引っ越しで段ボールに入らないもの1つ目は、「電子レンジや空気清浄機などの電化製品」です。

電子レンジやオーブンレンジ、オーブントースターなど調理器具や空気清浄機などの大型の電化製品は、普通の段ボールに入りきらないことがありますよね。
この場合は、適切な養生を施せば、段ボールに詰めなくても安全に運べます。

電子レンジや空気清浄機などの電化製品は、可能であればプチプチと言われる梱包材を巻いてあげると良いですが、梱包材がない場合は引っ越し業者に伝えて毛布などで巻いてもらう方が良いです。

電子レンジの場合は、電子レンジ内の回転皿などの部品が移動中に動かさないように、養生テープで固定します。また、プラグやアース線も側面に養生テープで固定すると、運搬がスムーズです。

引っ越しで段ボールに入らないものその2「傘などの細長い形状のもの」

引っ越しで段ボールに入らないものその2「傘などの細長い形状のもの」

引っ越しで段ボールに入らないもの2つ目は、「電傘などの細長い形状のもの」です。

例えば傘や突っ張り棒、スポーツ用具など、長さのある荷物は、段ボールにフタをせずに立てておくことがポイントです。荷物が移動中に乱れるのが心配な方は、紐で固定しておくと安心です。

細長い荷物は、移動中の傷や破損を防ぐために、タオルやクッション材を使って丁寧に梱包しましょう。段ボールのサイズが荷物に適切でないと、荷物が動いてしまうこともあるので段ボールの選び方にも注意が必要です。

引っ越しで段ボールに入らないものその3「鉢植えや観葉植物」

引っ越しで段ボールに入らないものその3「鉢植えや観葉植物」

引っ越しで段ボールに入らないもの3つ目は、「鉢植えや観葉植物」です。

背の高い観葉植物は、鉢の部分を段ボールに入れて、フタをしない状態にしておきましょう。引っ越し業者にお願いする場合は、適切な梱包方法を事前に伝えることが大切です。
基本的に観葉植物はそのまま運んでもらえることが多いです。

小さな鉢植えで段ボールに入る場合でも心配な方も多いと思いますが、段ボールに入れても大丈夫です。
ただし、鉢の下にビニールを敷いて水や土の漏れを防ぐ工夫をしましょう。鉢同士がぶつからないように、隙間に新聞紙を詰めるのもお忘れなく。

引っ越しで段ボールに入らないものその4「照明器具などの壊れやすいもの」

引っ越しで段ボールに入らないものその4「照明器具などの壊れやすいもの」

引っ越しで段ボールに入らないもの4つ目は、「照明器具などの壊れやすいもの」です。

照明は壊れやすいため、毛布やタオルでしっかり包んでおく必要があります。
照明器具は引っ越し当日まで使用することがあるため、最後に梱包するのが良いでしょう。

照明のコード類も側面にまとめて固定しておくと便利です。

もし照明の取り外しや梱包に自信がない場合は、引っ越し業者の専門スタッフにお任せするのもひとつの手です。


これだけポイントを押さえておけば、引っ越しで段ボールに入らないものがあっても大丈夫です。

段ボールのサイズがないことで焦りもあると思いますが、要は「壊れないように運べる」状態であれば大丈夫ですので引っ越し業者とも相談して進めていくことが良いでしょう。

引っ越しで段ボールに入らないものが多い時の注意点

引っ越しで段ボールに入らないものが多い時の注意点

引っ越しで段ボールに入らないものの対処方法もわかって一安心ですが、引っ越しで段ボールに入らないものが多い場合の注意点を紹介しておきます。

引っ越しで段ボールに入らないものが多い場合に「引っ越しで大きいトラックが必要になる」可能性があります。

引っ越しで大きいトラックが必要になると何が問題なの?

引っ越しでトラックのサイズが変わると「引っ越しの金額」が変わります。
つまり引っ越しの費用が高くなります。

せっかく引っ越し費用を交渉してお得に引っ越しができても、思わぬとところで値上げになってしまうともったいないですよね。

そんなことを防ぐためにも引っ越し業者の見積もり段階で「引っ越しで段ボールに入らないもの」の量の意識合わせをしておきましょう。

引っ越しで段ボールに入らないものも心配なし!対処法や注意点をわかりやすく説明まとめ

「引っ越しで段ボールに入らないものも心配なし!対処法や注意点をわかりやすく説明」のまとめは、下記の3点です。

まとめ引っ越しで段ボールに入らないものがあった時には「壊れないように運べる」状態に梱包することが大切
引っ越しで段ボールに入らないものがあった時には事前に引っ越し業者と意識合わせをしておく
引っ越しで段ボールに入らないものがあった多い場合には引っ越し料金が高くなる可能性がある

今回は、引っ越しで段ボールに入らないものがあった時の対処法や梱包方法から注意点について紹介しました。

  • この記事を書いた人

クラサス

月間最高PV15,000以上の「暮らす」に役立つ情報サイトを運営。インテリア、生活用品・家電、住宅などのコンテンツを配信しています。

人気記事

【時短】ダイソン空気清浄機を購入前に知っておくべき情報を紹介 1

ダイソン空気清浄機の購入検討する時に、製品のスペック以外でどんな情報を集めておけば良いのか気になる方も多いのではないでしょうか。 当ブログ(kurasus)では、ダイソン空気清浄機を始めとする扇風機や ...

【2024年版】ダイソン掃除機の壁掛けで穴を開けない方法3選 2

ダイソン掃除機を壁掛けする際にネックなことは、「壁に穴があくこと」という方も多いです。 そこで、今回は「ダイソン掃除機の壁掛けで穴を開けない方法3選」を解説します! この記事でわかること ダイソン掃除 ...

カーテンの丈詰めは持ち込み限定でニトリで依頼できる!要件、料金情報、対応店舗までを紹介 3

カーテンの丈詰めは持ち込み限定でニトリで依頼できます!要件やチェック事項、料金情報、対応店舗について知ることでスムーズに依頼ができるような情報を紹介します。 こんな悩みを解消します。 この記事でわかる ...

メルカリ値下げ交渉の例文!初心者が知っておくべきことからわかりやすく紹介 4

メルカリの値下げ交渉の例文を使ってうまく交渉できないかな?メルカリの値下げ交渉の初心者は、例文を使うと取引がスムーズに行うことができます。 今回はメルカリで50回以上の取引実績のある筆者が初心者にもわ ...

カーテンの洗濯はフックを外さないでも大丈夫?方法は?ネットやドラム式についても紹介 5

カーテンの洗濯はフックを外さないままでも大丈夫?方法はどうすればよい?カーテンの洗濯はフックを外さない場合にネットは必要?ドラム式は対応可能? こんな悩みを解消します。 この記事でわかることカーテンの ...

-暮らし
-